忍者ブログ
盆栽とメダカを主に、あとは日々思ったことを思うままに綴ります。
[223]  [222]  [221]  [220]  [219]  [218]  [217]  [216]  [215]  [214]  [213
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今年の実生黒松も無事発芽しています。
今年も蒔いた数は50以上で発芽率や選別を経ると最終的には10本前後になればと考えています。

2009年から開始しているので通算5回目。

途中色々とありましたが一番少ない2011年生でも7本(選別後の本数)と、
一定量を保ちつつ続けられています。


2009年生についてはやっと太みが出てきており楽しみが増えてきました。
樹の変化の仕方など少しずつ理解を進めていきたいと思います。

その後の年代についてはそれぞれ前年の反省を生かして、マイナーチェンジを繰り返しています。

作業を続ける中で自分にできること/できないことがわかってきたよな気がします。
どうしても時間的・質的に自分の生活では制限ができてしまうので、
そこをどうクリアするか(クリアできない!?)。
まぁ、趣味なので自分がどうしたいかだけなんですが。

それでも、いいクロ作出を目指して頑張りたいと思っています。

同時期に実生黒松を始められた方がけっこういたような気がしますが
まだみなさん続けられているのでしょうか。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんばんわ、

将来鉢に入れることを考えると、根が広がりすぎのように見えるのですが、どうでしょう?
イソガイ 2013/04/06(Sat)01:55:31 編集
無題
イソガイさん

えっ、そうですか??
根づくりも試行錯誤でまだ今後の成長を見込んだ作業ができていないと思われます。

次のエントリでもう少し詳しく情報を載せますのでコメントいただけないでしょうか?
めがね 2013/04/07(Sun)21:42:54 編集
無題
>同時期に実生黒松を始められた方がけっこういたような気がしますがまだみなさん続けられているのでしょうか。


多分、いないでしょ。

続けられる人っていうのは少ないです。

これは、黒松作りそして盆栽に限ったことではなく、色々なことに共通してくると思います。


もちろん、趣味が違えば合う人も出てくるでしょうから、そこがまた難しいところです。


もし仮に、黒松の実生を続けることが愛好家にとってそれほど労をいとわないものであれば、今頃、日本は黒松盆栽だらけになってます。


かくいう僕も、これから20年、30年と黒松作りを続けていくことができるかどうか?はわかりませんが・・・・
mind 2013/04/19(Fri)21:07:53 編集
無題
mindさん

>色々なことに共通してくると思います。

やはりそうですよね。

続けるというのは難しいですね。
最近太みがだいぶ出てきて一段と楽しくなってきたので、
どうしているかと思いエントリにしてみました。

自分でも色々と試しながら続けて行けたらと思っています。
めがね 2013/04/20(Sat)12:48:14 編集
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[05/31 めがね]
[05/30 イソガイ]
[05/29 めがね]
[05/26 イソガイ]
[05/18 めがね]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
めがね
性別:
男性
趣味:
盆栽、子供と戯れる、サッカー観戦
自己紹介:
盆栽を趣味にと志して、はや3年。
アパートの片隅で銘木目指して頑張ります。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
かものはしの親指 キャリア。 Produced by めがね
Designed by ninja-blog.com
忍者ブログ [PR]